カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

猫柄ご飯茶わん猫柄湯のみ猫柄マグカップ・カップ&ソーサー猫柄フリーカップ・酒器猫柄皿・鉢・どんぶり猫柄その他食器
招き猫・まねきねこプチ招き猫・ミニ招き猫猫雑貨 ストラップ・ねつけ猫柄箸・箸置き猫香炉・香立て猫雑貨 のし袋・ポチ袋
猫柄限定食器和食器 ご飯茶碗・湯のみ和食器 フリーカップ・酒器・おちょこ・徳利和食器 マグカップ・カップ&ソーサー和食器 皿・小鉢・中鉢・大鉢・丼和食器 その他 ポット たっぷり碗
アウトレット和食器セール会場はコチラ!

やきものについて

【陶器について】

陶器とは、“土もの”と言われ、原料が陶土(粘土)で出来ており、全体に土の色があり見た目が柔らかい感じです。

高台(底の部分)を見ると、ここにはほとんどの器が、釉薬(うわぐすり)がかかっていないので、直に土の色を見ることができます。

陶器は水漏れを防いだり、全体の強度を上げるために表面に釉薬をかけ、高温で焼き、ガラス質の皮膜で覆ったようになっています。(

一般的に焼成温度1100度〜1300度で焼き上げています。

(瀬戸焼・美濃焼・萩焼・唐津焼・薩摩焼・益子焼・会津本郷焼、等)

貫入(かんにゅう)について

陶器の焼成時における陶土と釉薬の収縮率の差によって生ずる表面の細かい亀裂(ヒビ)のことを貫入といいます。

目に見えるものからそうでないものまで、陶器には必ずと言っていいほど入っています。作家が意図して発生させる手法もあります。

【磁器について】

磁器とは、“石もの”と言われ、原料が陶石(石の一種)を使い、白く硬い感じです。

釉薬(うわぐすり)のかかっていない高台(底の部分)は、石っぽい白が磁器の特徴で、指ではじくと金属質の音がします。

焼成温度は1300度〜1400度の高温で焼き上げています。

普段使用している食器の多くは磁器です。和洋問わず様々な形や色の器があります。

(有田焼(伊万里焼)・九谷焼・京焼・砥部焼、等)

【和食器ぷらり】瀬戸焼愛知県瀬戸市

その昔、はじめて釉薬を使い、高級陶器を作った瀬戸。

東日本では陶磁器の代名詞のセトモノと使われるように幅広い。茶陶や食器、日用雑器を含め、陶器、磁器ともに多彩なものが作られています。

【和食器ぷらり】美濃焼岐阜県多治見市・土岐市・瑞浪市・可児市など

絵付け発祥の地。起源は須恵器(すえき)といわれる。

灰釉陶や黄瀬戸、志野、織部や磁器と、多彩な陶磁器を作る。

現代の和洋食器の生産では国内生産の半分以上を占めるといわれています。

【和食器ぷらり】有田焼佐賀県有田町

今から400年前、日本初の磁器を作った有田。

初期伊万里から柿右衛門様式、古伊万里様式、鍋島様式があります。

染付・色柄など、やきもの界に大革命をもたらし、多様な美を育て上げてきました。磁器だけではなく、陶器生産もされています。

食器の取り扱いについて

【味わいある陶器(土もの)の特徴】

土ものといわれる陶器は、吸水性があるのが特徴です。
このため、水分を含むと、“雨漏り”といわれるグレーの斑点があらわれる場合があります。(釉薬によって異なります。全ての商品がそうなるわけではありません…)
こちらは、不良ではなく土ものと呼ばれている和食器の特徴です。これらを器の景色として楽しみながら大切にご使用ください。(シミやにおいを残さないために、必ず使用前には熱湯に浸すことをお勧めいたします。詳しくは下記を良くお読みください。)

【ご使用前に…】

◎ 陶器(土もの)は、あらかじめ熱湯に浸してください。(その際、温度差によってヒビが入るおそれがあるので、徐々に温度を上げることをお勧めします。器が浸かる大きさの鍋で、水から温めるのが良いと思います!)
冷ましてから水洗いし、しっかりと乾燥することで吸水性の残る表面をコーティングして、茶渋やシミが突きにくくなります。(米のとぎ汁を入れ、煮沸するとより効果があります。その際、ゴトゴト煮ないようにご注意ください。割れる可能性があります)

◎ 陶器の底をテーブルなどに擦ったり、器を重ねると傷がつくことがありますのでご注意ください。気になるようでしたら、砥石や細かいサンドペーパーなどでざらつきを取ってください。

◎ 陶器の電子レンジのご使用はお避け下さい。金や銀を使った色絵の器は黒ずんだり剝がれてしまう恐れがあり、また、陶器全般に使われる釉薬(うわぐすり)の変色や溶解の恐れがあります。

【長くお使い頂くために…】

◎ 油もの以外はなるべく洗剤を使用せず、ぬるま湯で手洗いをおすすめします。食洗機をご利用いただくと、熱や水圧により釉薬の剥がれや貫入(細かいヒビ)の拡大の恐れがあります。

◎ ご使用後は早めに洗い、よく乾燥させて下さい。長時間水に浸しておくと、カビやシミの原因になります。

◎ 茶渋やシミがついてしまったら、市販の台所用漂白剤につけ、その後よくすすいでください。

◎ 保管の際は、陶器と磁器を重ねて収納するのはお避け下さい。重ねることで高台(底の部分)があたり、磁器に傷が付くこともあります。やむを得ず重ねる場合は、和紙や布巾などを挟むといいです。

アウトレット品について

アウトレット品ご購入前に必ずお読みください。

当店では、「アウトレット」食器を販売しております。
陶磁器焼成時の何らかの原因により下記のような状態になることがあります。
・鉄粉の黒い斑点(陶土に含まれる鉄粉が焼成時に表面に大きく出てしまうもの)
・ピンホール(針穴のようなもの。釉薬に気泡が入り、割れて出来るもの等)
・釉薬のムラ(色ムラ)
・若干の突起物(陶土の粉が釉薬に付着して出来てしまうもの等)
・貫入(カンニュウ)が目立つもの(焼成時における陶土と釉薬の収縮率の差によって生ずる亀裂・ヒビ。)
・型落ち(新型が出ることにより、現在の型や古い型を売り切るためにメーカーが安く卸すこと)
・サンプルとしての試作品


若干の見た目だけで良品と同じ食器として使用できるものだけを販売しております。一つ一つ手作業なので、商品写真と同じ色ムラや鉄粉の出方等ではありませんのでご注意ください。
陶器はもともと土のそのままの味わいとして、表面のざらざら感を出したままや、ピンホールを全面に出しているもの、貫入(カンニュウ)といわれる釉薬によりわざとヒビを入れるもの等様々です。

上記の状態が気になる方はご購入をお止めになった方がいいと思います。
中にはほとんど良品と変わらないものもありますので、かなりのお値打ち品となっております。(百貨店で取り扱う同じ商品や、サンプル(世の中に1つだけ…)上等品などございますので、じっくりとお選びください!)